会津の弁護士・法律事務所 会津若松市・美里町・坂下町・喜多方市など近隣市町村の方もお気軽にご相談下さい - 会津の弁護士・法律事務所 れいわ総合法律事務所

交通事故

交通事故でお悩みの方へ

交通事故はいつもと変わらない日常を過ごしていたとき、突然起こるものです。交通事故に日頃から十分に備えておくという方はほとんどいませんので、ほとんどの被害者の方は、事故に遭ってから、「これから一体どうすれば良いか分からない。」と悩むことになってしまいます。

また、はじめて交通事故に遭う方がほとんどですので、交通事故に遭った後の対応も困ってしまうことになります。

sample-img01

「保険会社から賠償金が提示されたけれど、賠償金額が妥当なのか分からない・・。」
「まだ交通事故で負った痛みが治らず治療が必要だと思うが、保険会社から急に治療費の打ち切りを告げられた・・・。」
「保険会社から交通事故の被害者である自分にも過失があると言われている・・・。」
「加害者側の保険会社の対応があまりに杜撰で怒りが湧いてくる・・・。」

といった悩みを抱え、当事務所にご相談を頂くケースがよくあります。

交通事故被害者の方のご相談の中で、特に保険会社とのやり取りは大きな負担となっていることが多いです。そもそも適正な損害賠償をしてもらいたいだけなのに、様々な書類を準備するよう言われ、時間を取られます。

そして何より問題なのは、損害賠償金の金額です。実は、まだあまり知られていないことなのですが、保険会社は、裁判所などで使われている基準を使わずに、賠償金をできるだけ低く抑えようと交渉をしてくる傾向があり、現状では必ずしも適正な賠償金が支払われていないケースが多いとのです。

img-01
しかし、交通事故についての知識を持っていない被害者は、「保険会社は交通事故問題の専門家なのだから、提示している賠償金額は適正なものなのだろう」と思ってしまい、保険会社から提示された賠償金額に疑問を持たずに示談提示を受け入れてしまう例も少なくありません。

この時、交通事故問題の専門家である弁護士が対応すれば、大きく結果が変わってきます。ほとんどの場合において、弁護士が保険会社と交渉することによって、賠償金を提示額より多く受けられるのです。

ここで注意が必要なのは、交通事故後、保険会社と交わす示談書には、示談書で定められた金額以上の請求権は放棄するとの条項が定められていることが通常であることです。

一旦、保険会社からの示談提示を受けてしまうと、原則として、その提示額が適正でなかったとしても、それ以上の金額を受け取ることができません(後遺障害が後になって発覚したなどの例外はあります)。

交通事故の被害にあった場合、適正な賠償金額を獲得するため必要なのは、専門家への相談です。どのような事故であっても、示談書を交わす前に、まずは交通事故問題の専門家である弁護士にご相談しましょう。

交通事故に遭い、賠償金や示談に関してご不安、お悩みがございましたら、お気軽にれいわ総合法律事務所までご相談下さい。

これまでにれいわ総合法律事務所で問題解決した事例

ImgTop16

交通事故の解決を地元の弁護士に頼んだ方が良い理由

交通事故の被害に遭ってしまった方が、その事故の解決を弁護士に頼む場合、東京などの弁護士に依頼した方がよいのではないかと考える方がいるかもしれません。

しかし、都市部の弁護士に交通事故の解決を頼む前に、まずは地元の弁護士に頼むことを検討してみて下さい。その理由を以下に述べます。

まず、地元の弁護士が、都心部の弁護士と比べて、交通事故についての専門知識に劣るということはありません。そして地元の弁護士に頼むことは、都市部の弁護士に頼むのと比べて、次のような利点があります。

交通事故の中には、相手方や相手方保険会社との交渉だけでは解決に至らず、裁判機関を使った調停や裁判の手続が必要になる場合もあります。そのような調停や裁判に臨むに当たっては、弁護士と綿密な打ち合わせをしなければなりません。

ただ、都市部の弁護士に頼んだ場合は、東京あたりまで、弁護士との打ち合わせに出向く必要があり、時間も金銭的負担も大きくなります。

kawase

また交通事故で裁判をする場合には、地元の裁判所で行うことが一般的です。すると、依頼した弁護士に地元の裁判所まで来てもらう必要があり、日当など、余計な弁護士費用が必要になる可能性があります。

このようなことを考えれば、交通事故の解決を地元の弁護士に頼む方がよいということができます。

当事務所の事件処理方針

1 適正な賠償額の獲得を目指します。

保険会社から提示される損害賠償額は、決して十分ではありません。保険会社は、被害者に対し、通常裁判所では到底認められないような低い損害賠償額しか提示して来ません。

弁護士が受任したからと言って、すぐに保険会社からの提示額が裁判基準に近づく訳ではありません。しかし、交渉、調停、裁判等、その事案に適した方法によって、適正な損害賠償を獲得すべく尽力していきます。

2 依頼者の要望を十分に聞きます。

適正な賠償額の獲得を目指すことは当然です。しかしながら、賠償額を上げることだけを考えて、事件を進めて行くことはしません。

依頼者その方々によって、何を重視するかは違います。早く交通事故のことは忘れたいと考えている方もいらっしゃいますし、大きな精神的苦痛を受けている被 害者の方など、時間はかかっても構わないから、きちんとした金額を支払ってもらいたいと考えているかたもいらっしゃいます。

当事務所では、依頼者のニーズをきちんと聞き取り、ニーズに合致した解決策を探って行きます。

3 専門家の知見も加えて検討します。

当事務所は、交通事故事件を得意としています。しかしながら、微妙な後遺症の認定など、外部の専門家の意見が必要な場合があります。

当事務所では、後遺障害認定を得意とする行政書士や、保険会社の元社員等の豊富な専門家ネットワークがあり、独善に陥ることなく、専門家ネットワークの助力を受けながら事件を進めていくことが可能です。