最新情報

INFORMATION
相続・遺産分割のコラム

【解決事例】不動産・預貯金を調停により分割した事例

被相続人 亡父
相続人 長男,長女,二女,長男の妻(養女)
当事務所へのご依頼者 長女,二女

1.事案の概要

被相続人が、長男及びその妻と一緒に住んでいた土地・建物(評価額約1800万円)、預貯金約960万円を残して死亡しました。遺言はありませんでした。

長女、二女は、不動産と預貯金を合計した財産の4分の1ずつを求めていましたが、長男及びその妻は、自分の住んでいる土地・建物を、長男が全て相続すること、預貯金は各自4分の1ずつを相続することを強硬に主張し、相続人間の協議がまとまりませんでした。

長男及びその妻が、長女と二女を相手方として、遺産分割調停を申立てたため、それに応ずることになりました。

調停では、遺産の総額2760万円の法定相続分である690万円を各自の相続分とすることから協議を始め、①土地建物は換価が難しいこと、②長男とその妻が生前から同じ土地建物に居住していたこと、③早期解決のために各相続人がある程度の妥協をすることから、預貯金960万円を長女と二女が半分ずつ取得し、不動産を長男とその妻が取得することで、協議がまとまりました。

2.解決までに要した期間

約2ヶ月半

3.事案の特徴

調停を申し立てられた相続人からご依頼を受けた事案です。

当方はいわゆる「相手方」となりますが,第1回調停期日までに,当方の主張とその根拠をまとめ,事前に裁判所と相手方に対して提出しておきました。その結果,当方の主張をご理解頂けたため,2回目の調停で協議がまとまりました。