最新情報

INFORMATION
交通事故のコラム

【解決事例】死亡事故に遭った男性で、慰謝料を1,200万円増額できた事例

高齢者であった鈴木さん(仮名)が歩行中に自動車に衝突され死亡したケースにつき、保険会社からは、死亡慰謝料として、当初1300万円の提示がありました。

しかしながら、死亡慰謝料として余りに低額であり、また鈴木さんが高齢者であるというものの家事を多く行っていたことから、増額の交渉を行い、2000万円まで認められました。しかしそれでも不十分と考えられたことから訴訟を行い、最終的におよそ2500万円の死亡慰謝料が認められました。