最新情報

INFORMATION
交通事故のコラム

【解決事例】むち打ちで後遺障害14級が認定された事例

事案の概要

自家用車運転中、信号待ちで追突され、救急車で病院に運ばれました。入院はしなくて済みましたが、首と肩の痛みが治まらず、週に一〜二度ほどの通院を続けました。むち打ちの画像所見はありませんでしたが、約12ヶ月の通院を経て症状固定と診断され、後遺障害14級と認定されました。

当事務所の関与

相手方保険会社からの提示額は、傷害慰謝料及び後遺傷害慰謝料が、裁判基準に照らして特に低かったため、その二点について重点的に交渉し、約2ヶ月の交渉期間を経て、約110万円増額して示談が成立しました。