最新情報

INFORMATION
交通事故のコラム

賠償金額決定の基準にご注意!

賠償金の算出方法は1つの基準ではない事をご存知でしょうか?実は賠償金の算定方法には3つの基準があり、保険会社は金額の低い基準で示談金を提案をしてきます。あまり知られてはいないですが、これは、賠償金に関する真実です。

損害賠償金額を決定するには以下の3つの基準あります。

1.自賠責保険の基準(自賠責基準)
2.任意保険の基準(保険会社基準)
3.裁判の基準(裁判基準)

適正な賠償金を受け取るためにも、この3つの基準については十分理解しておくことが重要です。

以下では各基準についてご説明を致します。

自賠責保険とは、車を所有する際に全ての人が加入を義務づけられた保険です。自賠責保険はあくまで交通事故被害者のための最低限の補償を目的として作られた保険であるため、人身事故のみに適用され、物損事故には適用されません。

あくまで最低限の補償をするという目的からわかるとおり、自賠責保険の基準を使って賠償額を計算すると、3つの基準の中で最も低額の賠償金額になります。

任意保険とは、自賠責保険とは異なり、強制加入義務はない保険のことです。テレビコマーシャルなどで宣伝をしている自動車保険が、この任意保険に当たります。任意保険は様々な損害をカバーしていますが、最も重要な機能が、交通事故を起こしてしまったときに、相手に生じた損害を賠償することです。

任意保険は自賠責保険では対象外の物損事故にも適応することができます。しかし人身事故について任意保険の基準で賠償金額を算出すると、一般的に自賠責保険よりも高いですが、裁判所の基準よりも低額になります。

裁判の基準とは、過去の裁判例を踏まえて裁判所や弁護士会が作成した基準のことです。裁判の基準で賠償金額を算出した場合、ほとんどの場合、自賠責保険の基準や任意保険の基準を元に計算した賠償金額よりも高額になります。

弁護士が交通事故を受任した場合には、どのような事故であっても、また例え裁判でなくて交渉で解決できる場合でも、この裁判基準を使用します。

「保険会社との示談交渉など、問題が長引くのは嫌だから早く終わらせたい・・・。」「専門家の保険会社が言うことだから正しいのではないか?」というお持ちの方もいらっしゃいますが、すぐに示談してしまっては損をしてしまう可能性が高いので、まずは交通事故問題の専門家である弁護士に相談して頂き、適正な賠償金を把握することが交通事故問題の解決において重要です。

交通事故の被害者は、このように賠償金額の算出に3つも基準があることを知らないことがほとんどなので、保険会社は賠償金を少しでも安くしようと賠償金額が低くなる基準で算出してきます。

当事務所では、弁護士が関与する以前に、保険会社から被害者の方へ提示された和解金額を何度も確認していますが、弁護士から見て十分な金額の補償がされていると考えられることは、正直言ってほとんどありません。

交通事故はある日突然起こるものであるため、病院への通院や、これまで通りに仕事ができないなど、何かとお金が必要になり、生活の負担となることが多いです。このような状況になった場合、適正な賠償金を貰っておかなければ生活の負担も軽減することが可能です。適正な賠償金を得るためにも、交通事故問題でお悩みになられていることがありましたら、交通事故の専門家である弁護士にご相談されることをお勧めいたします。

当事務所では、交通事故のご相談はご相談者の方のご負担が軽減できるよう、相談が無料になる制度を使ってご相談をお受けしておりますので、まずはお気軽にご相談くださいませ。