最新情報

INFORMATION
交通事故のコラム

脊髄損傷について

脊髄損傷とは、人間の小脳から腰椎(ようつい)に伸びている中枢神経である脊髄(せきずい)が、交通事故で生じた衝撃によって損傷することをいいます。症状としては損傷された脊髄から手足の指先の部分において運動・知覚に障害が現れ、また麻痺を生じます。
脊髄損傷には、完全麻痺ならびに不完全麻痺があります。

完全麻痺は、下肢がまったく動かず感覚もなくなった状態のことをいいます。しかし、全く何も感じないわけではありません。受傷した部分から下の麻痺した部分にかけて、痛みを感じることもあります。頚椎を損傷した場合には、四肢全てが動かないという状態になります。

不完全麻痺とは、脊髄の一部が損傷して一部が麻痺をしている状態のことをいいます。ある程度運動機能が残っている軽症から感覚知覚機能だけ残った重症なものもあります。

脊髄は、脳と同じ中枢神経です。従って、完全麻痺と不完全麻痺どちらの場合であっても、一度傷つくと二度と元に戻りません。ですので脊髄を損傷すると、交通事故後の生活に何かと支障を来すことは否めません。場合によっては家屋の改造なども必要になってくるでしょう。

その後の生活を安定させるためには、適切な後遺症認定を受けしっかりとした補償を受けることが不可欠です。

麻痺の範囲

四肢麻痺…両側の四肢の麻痺
対麻痺…両下肢又は両上肢の麻痺
片麻痺…一側上下肢の麻痺
単麻痺…上肢又は下肢の一肢のみの麻痺

麻痺の程度

高度…傷害のある上肢又は下肢の運動性・支持性がほとんど失われ、基本動作(下肢の場合は歩行や立位、上肢の場合は物を持ち上げて移動させること)ができない

中等度…傷害のある上肢又は下肢の運動性・支持性が相当程度失われ、基本動作にかなりの制限がある

軽度…障害のある上肢又は下肢の運動性・支持性が多少失われており、基本動作を行う際の巧緻性及び速度が相当程度失われている

障害等級の例

第1級…高度の対麻痺が認められる場合など

第2級…中程度の四肢麻痺が認められる場合など

第3級…中程度の対麻痺が認められる場合など

脊髄損傷の認定

脊髄損傷の認定は、麻痺の範囲とその程度を踏まえて行われます。また脊髄損傷の障害は、臓器の障害や脊柱の障害を伴うことも多いため、それら障害も含めた等級認定が行われることになります。

認定には、医師の後遺障害診断書に加えて、高次CT画像やMRI画像などの画像所見、神経学的所見などの資料が必要です。

認定のためには、上記のような必要な資料を整えた上で認定手続きをしなければなりません。交通事故によって脊髄損傷となってしまった方場合、すぐに脊髄損傷に詳しい弁護士にご相談しましょう。