最新情報

INFORMATION
交通事故のコラム

むちうち(むち打ち)について

1.むち打ちとは何か

むちうち(むち打ち)は、交通事故に遭った際によく患う後遺障害です。皆様も一度は耳にしたことがある後遺障害ではないでしょうか?

むち打ちは、事故直後にはあまり痛みなどはなく、また交通事故直後の病院での検査で異常が認められず、2、3日経過した後から症状が現れ始めて、じわじわと首や腰に痛みを感じたり、頭痛や肩こり、めまいといった症状が現れることが多い後遺障害です。

自動車の追突事故が原因で起こることが多い後遺障害ですが、実は正式な傷病名ではありません。傷病名では、頚椎捻挫(けいついねんざ)、頸部挫傷(けいぶざしょう)、外傷性頸部症候群(がいしょうせいけいぶしょうこうぐん)、バレ・リユウー症候群などと診断されるものです。

医師によっては「むちうちは時間が経てばよくなりますよ」などと言われることがありますが、むちうちは、後遺障害等級で14級や12級の後遺障害として認定される可能性がある立派な後遺障害です。

2.むち打ちの後遺障害認定

むち打ちは病院での診断でも「時間が経てばそのうち治りますよ」、「大した問題ではないので心配ないですよ」などと言われることもあるため、交通事故の被害者の方は後遺障害ではないと思ってしまう方も多いでしょう。

確かに、むち打ちは外見からは外傷が確認できないため、簡単に後遺障害と認められるわけではありません。しかし、むち打ちであっても、これまでにも12級や14級の後遺障害に認定された例が数多くあります。後遺障害の等級認定を獲得するためには、適切な検査を行い後遺障害の認定を受けることが大切です。

むちうち症の等級認定について

等級 労働能力喪失率 労働能力喪失期間 認定基準
12級13号 14% 5~10年 局部に頑固な神経症状を残すもの
14級9号 5% 5年以下 局部に神経症状を残すもの

3.むち打ちの診察

医師の診察においては、骨折を判別するレントゲン画像ではなく、神経の状況を把握することができるMRI画像での診察をしてもらいましょう。むちうち症の後遺障害の等級認定にはMRI画像が必要になることが多いです。

しかし、診察を担当する医師がむち打ちに対する知識を十分に持っていなければ、適切な検査が行われないことも多いです。むち打ちの検査や治療を行う際には、むち打ちに精通したドクターの下で検査と治療を行うことをお勧めします。

むち打ちも、他の後遺障害と同様、むちうちに詳しい専門の医師による適切な診断や治療が行なわれない場合、後遺障害の等級認定が行なわれない場合があります。決してむちうちだからと軽く見ずに、交通事故問題に詳しい弁護士、むちうちに詳しい医師へ相談しましょう。

4.むち打ちによる損害賠償の例

保険会社の提示額 約90万円
弁護士介入後の適正な賠償額 約240万円

交通事故によりむち打ちとなってしまったにもかかわらず、通院期間が長期間にわたったため,保険会社から途中で通院治療費を打ち切られてしまったケースです。

①打ち切ると告げられた以降の治療費を認めてもらい、
②後遺障害14級認定の慰謝料の支払いも受けることになりました。