最新情報

INFORMATION
交通事故のコラム

むち打ちの判別検査方法

もしかすると、自分がむち打ちなのかな?とは思っていても、自分がむち打ちかどうかははっきり分からない、と悩んでいる方も多いと思います。

むち打ちに該当するかどうかは、判別検査を行なえば、ある程度確認をすることはできます。
むちうちの代表的な判別検査には、下記の検査方法があります。

1.スパーリングテスト

スパーリングテストとは神経学的なテストで、神経根(脊髄から枝分かれをした頚髄神経のこと)障害について調べる検査です。

この検査では、頭を傾けてそのまま下に押しつけるようにします。そうすると神経根の出口が狭められますが、神経根に障害がある場合、その神経根の支配領域にある放散痛(広く外側に散らばるような痛み)やしびれが生じます。

そのため、交通事故の被害者が日常的に感じているむちうちの症状や、その症状がさらに悪化した痛みを感じるようになります。

同じ目的の検査には、スパーリングテストのほか、ショルダーデプレッションテスト、ジャクソンテストと呼ばれる検査があります。

2.筋萎縮テスト

筋萎縮テストとは、筋萎縮の程度を測る検査です。神経の麻痺が継続的に生じている場合、筋は萎縮してきますので、その程度を測ることにより、神経の麻痺の有無を検査します。

方法としては、両上肢の肘関節の上下10cmのところの上腕部と前腕部の腕周りを計測し、その部分がやせ細っているかどうかを確認して、むち打ちの所見が出ているかどうかを判断します。

3.深部腱反射テスト

深部腱反射テストとは、腱をゴムのハンマーで叩き、筋に刺激を与えたときに起こる反射(筋収縮)の有無を確認するテストのことです。

正常な場合であれば、深部腱反射により上腕二頭筋は屈曲しますが、腕橈骨筋の場合は前腕が屈曲し、上腕三頭筋は伸展します。

しかし、もし脊髄に異常がある場合は、反射は亢進(「こうしん」と読みます。増すことをいいます。)を示します。また、神経根に異常が認められるときは、反射は低下するかもしくは消失します。