最新情報

INFORMATION
交通事故のコラム

RSD(カウザルギー)とは?

交通事故に遭うと出血を伴う怪我をする場合があります。この時、人間の体は怪我を少しでも早く治そうとするため、出血を止めるために血管が収縮をします。通常であれば、この血管は怪我が治れば通常の状態に戻りますが、稀にこの血管が元に戻らない状態になる方もいます。

この状態になると、血管が戻らないことによって血流不足が発生し、怪我をした箇所がズキズキと痛んだり、灼熱痛が起こります。この症状をRSD(反射性交感神経性ジストロフィー)、CRPS TypeⅠ(複合性局所疼痛症候群)などと呼びます。

交通事故に遭った後に、このような症状を感じることがあれば、RSDである可能性があります。

RSDの等級認定の際、以下の3点がポイントになります。
①関節拘縮
②ズディック骨萎縮
③皮膚色の変化

RSDで後遺障害の等級認定を受けるためには、これら3点の要件を立証しなければ等級認定の獲得は難しいです。またRSDを裁判で争った場合,RSDであることの立証は,現状ではかなり難しいと言えます。

この3つの要件について客観的な診断をしてもらうためには、まずはRSDに詳しい専門の医師に診断をしてもらうことが、適切な後遺障害の等級認定を得るために必要です。

当事務所では、適切な後遺障害の等級認定から、適正な賠償金の獲得まで、被害者の方に寄り添う形でサポートしております。RSDでお悩みの方はお気軽にお問い合わせ下さい。