最新情報

INFORMATION
交通事故のコラム

各部位の損傷による後遺障害

交通事故遭ったために、上肢や下肢に、骨折や脱臼、筋肉・腱・靱帯の損傷、そして神経の損傷や麻痺という怪我を負う場合があります。そして怪我が完治せず、欠損障害や機能障害、変形障害といった後遺障害を負う場合があります。

障害の内容

欠損障害…身体の一部を失うこと
機能障害…肩・肘・手・膝などの関節の動きに障害を負うこと
変形障害…偽関節(骨折したにもかかわらず、骨が癒合しなくなってしまったもの)を残すものなど

このうち、欠損障害や変形障害は所見が明らかなことが多いですが、機能障害では、その程度が問題になることが多いです。一般には可動域が小さくなるほど(関節が動かなくなるほど)重い障害ということになります。

この場合の後遺障害等級認定で特にポイントとなるものは次の3点です。

①関節の可動域制限
②動揺関節(※)
③固定装具の装着の有無

※動揺関節とは、膝(ひざ)は通常では「伸ばす」と「曲げる」の2方向の動きしかありませんが、左右にも揺れる状態にある関節のことをいいます。

しかし、上記の3ポイントを満たせば直ちに後遺障害の等級認定を受けることができるというものではなく、各要件の度合いによって、後遺障害として認定されるかどうかが変わります。このとき、第三者による客観的な見解が求められますので、それぞれの要件に詳しい専門家による診断が求められます。

当事務所では、適正な後遺障害の等級認定をサポートさせていただくとともに、正しい賠償金の獲得をご支援しています。ぜひ、お気軽にご相談くださいませ。