最新情報

INFORMATION
交通事故のコラム

過失相殺とは?

交通事故は加害者一方に全ての過失があって起こるわけではなく、被害者側にも過失があるケースがあります。

過失相殺とは、損害賠償金額を決める際に、加害者側と被害者側の過失の割合に応じて、被害者側の過失を損害賠償金額から差し引いて賠償することをいいます。

交通事故は、事前に予定して起こるものではないため、事故の状況を現実の事故と寸分違わず再現することは不可能です。従って、損害賠償額を決めるに当たって、一つ一つの交通事故で過失割合を正確に算出することは非常に困難なものと言えます。

そこで、損害賠償の金額の算定に当たっては、事故を類型化して過失割合を判断することになります。動いている自動車同士の事故の場合、仮に被害者にはほとんど落ち度がなかったとしても、過失割合がゼロになることはあまりありません。5%、10%といった過失割合が認定されることが多いです。

例えば、昼間、横断歩道のない道路を歩行者が渡っているときに、その道路を直進してくる車と歩行者がぶつかってしまった場合の過失割合は、自動車が80、歩行者が20となります。これに種々の要素を加味して、過失割合を調整していくことになります。

保険会社は過失相殺においても過去の裁判例を元に作成された基本基準を利用し、被害者側の過失を主張して賠償金額を少なくしようとしてきますが、必ずしも保険会社の主張が正しいわけではありません。

当事務所にご相談をして頂きました事例では、下記のようなケースがありました。

ホームセンターの駐車場から出ようとした車が、不注意で、右側から走ってくる車を見逃してしまったためそのまま道路に出て、走ってきた車とぶつかってしまいました。この場合原則的な過失割合は80対20ですが、直進車が速度違反をしていた場合にはそれが70対30又は60対40になります。当事務所に相談してきたのは駐車場から出ようとした車でしたが、保険会社の主張する過失割合とは異なる過失割合が認められることになりました。

当事務所では、交通事故の被害者側の立場で正しい過失割合を計算し、適正な損害賠償を受け取ることができるようにサポートしております。保険会社に過失割合について色々と言われてお悩みの場合、お気軽に当事務所までご相談下さい。