最新情報

INFORMATION
交通事故のコラム

バイクでの交通事故について

バイク乗車中の交通事故は、自動車乗車中とは異なる特徴があります。

乗用車に乗られている場合の交通事故であれば、シートベルトやエアバックなど、事故の衝撃を和らげる対策が施されているため、それによって人身が保護されます。

しかしバイクでの交通事故は、ヘルメットぐらいしか身を守るものが無いため、一度事故に遭うと被害が格段に大きくなることが多いのが、バイクでの交通事故の特徴です。

バイクでの交通事故の場合、自動車と衝突により、十数メートルも飛ばされてしまうケースがあります。

乗用車乗車中の事故であれば、首や腰の捻挫で済むような事故であっても、それがバイク乗車中だと、むち打ちを通り越し、骨折を伴うことが多いです。また、死亡に繋がるケースも少なくありません。

幸い傷が治り、骨折による後遺症が残らなかった場合でも、大きな傷が身体や顔に残ることがあり、醜状障害を抱えてしまうケースもあります。

このようなバイク乗車中の事故は、乗用車での事故に比べ、傷害の程度が重く、入通院ともに長引くケースが多くなり、必然的に賠償金額も高くなる傾向があります。

また、バイク事故の特徴として、比較的若い方がバイクに乗って事故に遭ってしまうことが多く、後遺障害が残った場合の労働能力の喪失期間が長いため、逸失利益が多くなる傾向もあります。

交通事故の後遺障害等級認定や、賠償金は、交通事故の被害者のその後の生活に大きく影響及ぼしてくるものと言えます。

少しでも事故後の生活の負担が軽減できるよう、まずは交通事故に詳しい弁護士にご相談をして頂き、適切な後遺障害等級認定の獲得と、適切な賠償金額を得るためのサポートを受けられることをお勧め致します。