最新情報

INFORMATION
交通事故のコラム

【弁護士コラム】むち打ちは後遺障害として認められますか?

むち打ちでも、後遺障害として認められることがあります。

むち打ちの場合、痛みやしびれと言った自覚症状が続いても、神経学的な検査やMRIなどの画像からは説明できないことがあります。しかし、そのような場合であっても、事故の状況やその後の治療の経過から、痛みやしびれが事故に起因するものであると認められれば、後遺障害と認定されることになります。

しかし、事故後しばらく経過してから通院日数が極端に増えた等、事故との因果関係を合理的に説明できない場合には、後遺障害として認められないことになります。