最新情報

INFORMATION
交通事故のコラム

【弁護士コラム】12級と14級の違いは何ですか?

後遺障害認定基準上は、12級は「局部に頑固な神経症状を残すもの」、14級は「局部に神経症状を残すもの」とされており、症状が重ければ12級とされそうです。

しかしながら、実際には「他覚的所見により医学的に証明できるかどうか」が12級と14級の分かれ道です。

痛みやしびれといったむち打ちの症状が、神経学的な検査やMRIなどの画像からも説明できる場合に12級が認められ、そうでない場合には14級となります。