最新情報

INFORMATION
相続・遺産分割のコラム

弁護士と他士業の違い

相続についてインターネットで調べていると、法律事務所(法律事務所と名乗れるのは弁護士だけです)以外にも、司法書士や行政書士、税理士などがたくさん出てきます。相続手続を依頼した時に、どの専門家にどのようなことを頼めるのか理解するのはなかなか難しいです。

例に挙げた士業はいずれも国家資格ですので、どの士業が何を行うことができるのかが、法律により定められています。それをまとめたのが、下の表です。

項目 弁護士 司法書士 行政書士 税理士
相続調査
遺産分割協議書作成
代理人として交渉      
調停      
審判      
相続登記    
相続税申告      

この図でわかるとおり、弁護士の職務の特徴は、依頼者の「代理人」として、他の相続人と公証や調停、審判などを行うことができる点にあります。もちろん遺産分割協議書の作成もできますが、弁護士は、相続人間に、争いが起きそうなときや、争いが起きてしまったときに、最も必要となるということができます。

相続登記のみが必要な場合には司法書士に、また相続税の申告のみが必要な場合には税理士に相談すると良いでしょう。しかしそれだけではなく、相続分について、相続人の間で少しでも揉めそうな場合には、弁護士に相談して下さい。