個人様向け取扱業務

PERSONAL
B型肝炎 C型肝炎

B型肝炎 C型肝炎


B型肝炎訴訟とは、幼少期に受けた集団予防接種等の際に、注射器が連続使用されたことによってB型肝炎ウイルスに持続感染した方々が、国に対し責任を求めて起こした訴訟のことをいいます。
現在では、『特定B型肝炎ウイルス感染者給付金等の支給に関する特別措置法』が制定され、一定の条件が揃った場合には、給付金が支給されることになりました。
幼少期に受けた集団予防接種等が原因でB型肝炎に感染した方は、裁判で和解が成立すれば、国から病状に応じた給付金を受け取ることができます。

なお給付についての法律(特定B型肝炎ウイルス感染者給付金等の支給に関する特別措置法)の期限が、2022年1月12日までとされているため、2022年1月12日までに請求する必要があります。

過去にB型肝炎に感染していると言われた方や現在完治している方も、一度当事務所までご相談下さい。

弁護士費用について


B型肝炎

着 手 金 0円
実費 0円
弁護士報酬 経済的利益の14%+5万円+消費税