最新情報

INFORMATION
相続・遺産分割のコラム

【解決事例】不動産が問題となった事例

被相続人 叔父
相続人 被相続人の兄弟とその子,孫ら16名
当事務所へのご依頼者 被相続人の姪

1.事案の概要

被相続人が居住していた不動産の相続についての事案です。

被相続人は、子どもがおらず、弟夫婦と同居していました。弟夫婦が亡くなると、その子であった姪(今回のご依頼者)と同居していました。

被相続人は、同居していた不動産以外特に資産を残すことなく20年ほど前に亡くなりましたが、不動産についての遺産分割協議がまとまらなかったため、被相続人名義の登記のまま、姪がそこで暮らしてきました。なお不動産の評価額は約500万円でした。

相続人が亡くなり代襲相続が発生し、相続人の人数が増えてきたことから、なるべく早期に解決したいと思い、当事務所に相談にいらっしゃいました。

ご依頼を受けて他の相続人と協議したところ、2名を除いた相続人からは、長年ご依頼者がその不動産に住んでいたことを踏まえて、代償金等の支払なく、その不動産をご依頼者が相続することに合意して頂きました。

ただし残る2名の同意が得られなかったため、当該2名を相手方として、遺産分割調停を申し立てました。調停では、当方から相手方に対し、法定相続分相当の代償金を支払うことで、協議が成立しました。

2.解決までに要した期間

約8ヶ月(協議に約5ヶ月、調停に約3ヶ月)

3.事案の特徴

被相続人の死亡後すぐに遺産分割協議を行わなかったため、相続人(代襲相続人)の人数が増え、非常に複雑な相続関係となってしまった事案です。

また、最後まで同意を頂けなかった方二名は、過去の親族間での軋轢から、すぐに同意することを拒んでいたという事情がありました。調停では、双方率直に考えを伝えることができ、二回目の調停で協議が成立しました。