最新情報

INFORMATION
相続・遺産分割のコラム

遺産分割の流れ(遺言がある場合)

ここでは、遺言がある場合の遺産分割の流れについてご説明します。

遺産は故人の財産ですから、故人の遺志が示されている場合、それを尊重すべきことになります。この「故人の遺志」が「遺言」です。例えば、遺言で、生前特 に面倒を見てくれた人に対して民法と異なる割合によって相続させることが明示されている場合、それに従うことになります。

1.遺留分

相続人には「遺留分」と呼ばれる、一定の財産を相続する権利があり、この「遺留分」が侵害されている場合には、それに対して異議を唱えることができる制度があります(「遺留分減殺請求」と言います。)

遺留分の計算は、誰が相続人となるのかによって異なります。また遺留分減殺請求権の行使には、期間の制限もあります。

遺留分を侵害されている可能性が高い場合には、弁護士に相談することをお勧めします。

2.遺言の形式

なお遺言の形式は、主に、次の三種類があります。

① 自筆証書遺言

遺言を作成する者が、遺言全文と作成日と氏名を自筆で書いた上で、押印するものです。

② 公正証書遺言

公証役場にて、証人2人の立会のもと作成するものです。弁護士の立場からは、この方式によるものがベストです。

③ 秘密証書遺言

作成者が遺言書に署名捺印して封筒に入れ、作成者、公証人、証人2人以上が署名捺印するものです。②と異なり、内容を秘密にできますが、公証人などのチェックが入らないため、内容が無効となってしまう可能性もあります。