最新情報

INFORMATION
相続・遺産分割のコラム

相続放棄

相続財産は、現金、預貯金、不動産などのプラスの財産も含まれますが、住宅ローンなどのマイナスの財産も含まれます。マイナスの財産の方が大きい場合には、相続を放棄することができます。これを相続放棄と言います。

相続には、次の三種類があります。

1.単純承認

被相続人の財産の一切を継承する方法です。特に手続をする必要はありません。

2.限定承認

プラスの財産とマイナスの財産のどちらが多いかわからない場合に、相続によって得たプラスの財産の範囲内でのみマイナスの財産も引き継ぐ、という制度です。

とても合理的な制度なのですが、非常に手間がかかるため、あまり多く使われていないのが現実です。

3.相続放棄

一切の財産を相続しない方法で、一般に、マイナスの財産の方が多いときに使います。原則として、相続があることを知った日から3ヶ月(熟慮期間と言います。)以内に、家庭裁判所に「相続放棄申述書」を提出する方法で行います。

なお、相続放棄が行われると、高順位の相続人が相続をすることになるため、順次相続放棄が必要になる場合があります。