最新情報

INFORMATION
相続・遺産分割のコラム

寄与分がある場合の計算


特別受益の場合とは逆に、
寄与分を引いて考えます。

寄与分がある場合の計算の例

被相続人である父が、財産5000万円を残して亡くなった。相続人は子二人(兄と弟)だが、兄だけが、生前に、父の借金返済のために2000万円を支払った。

この場合の相続財産は、現実に5000万円が残っているものの、うち2000万円分は、兄の「特別の寄与」によるものと考えられます。従って、5000万円から2000万円を引いた3000万円が、「みなし相続財産」となります。

3000万円を2分の1ずつ分けることになりますので、相続分は1500万円ずつになりますが、兄は、これに加えて寄与分である2000万円を取得できますので、合計3500万円が具体的相続分となります。

一方で弟は、1500万円が具体的相続分です。