最新情報

INFORMATION
相続・遺産分割のコラム

特別受益と寄与分

遺産分割協議を進めていく上で、まとまらない理由の多くを占めるのが、「特別受益」「寄与分」です。

1.特別受益

  • 弟が、生前に、被相続人から1000万円もらっていた
  • 妹が、生前に、被相続人に自宅を建ててもらった
  • 被相続人の口座から、多額の金銭が引き出されている。どうも、被相続人と同居していた兄が使っていたようだ
  • このような場合には、「特別受益」が問題となる場合があります。

    特別受益とは、特定の相続人が、被相続人から生前に受けた、特別の利益のことを言います。

    このような場合には、それを相続財産の前渡しと捉えて、遺産分割を進めることになります。

    2.寄与分

    • 被相続人が亡くなる前、ずっと介護をしていた
    • 被相続人の事業を手伝い、財産の形成を手伝った

    このような場合には、「寄与分」が認められる場合があります。

    寄与分とは、被相続人の財産の維持や増加に、特別の貢献をした者に、法定相続分を超える分の財産を取得させる制度を言います。