最新情報

INFORMATION
相続・遺産分割のコラム

特別受益がある場合

特別受益がある場合の相続分について、
具体例を見てみましょう。

特別受益がある場合の例

被相続人である父が、財産5000万円を残して亡くなった。相続人は子二人(兄と弟)だが、兄だけが、生前に2000万円の自宅建築費用を全額援助してもらっていた。
この場合、まず、遺産の総額はいくらになるでしょうか。

そもそも5000万円しか残っていませんが、2000万円の援助が「特別受益」に当たりますので、それを「持戻す」必要があります。したがって、相続財産は7000万円となります(持戻し計算を行った後の相続財産を、「みなし相続財産」と呼びます)。

次に、みなし相続財産の7000万円を元に、各自の相続分を計算すると、それぞれ3500万円ずつ(相続財産の2分の1)となります。

最後に具体的相続分がいくらになるかというと、兄は既に2000万円をもらっているので、残額の1500万円ということになります。一方で弟は、3500万円そのままの額が相続分ということになります。

従って、特別受益があるため、5000万円を、兄が1500万円、弟が3500万円と分けることになります。