最新情報

INFORMATION
相続・遺産分割のコラム

遺言とは

1.遺言と相続

「相続」とは故人の財産を受け継ぐ行為をいいます。故人の財産を受け継ぐには,遺言と法定相続という2種類の方法があります。

「遺言」は、テレビの2時間ドラマを見ていると頻繁に登場しますから,名前くらいは聞いたことがあるでしょう。遺言とは,生前に故人が、その財産を後に残す者達にどう受け継がせたいかを決める行為のことです。

このような故人の意思がない場合に初めて、法律の規定に基づいた相続が行われることになります(このような相続を「法定相続」といいます。)。  

つまり、相続では、故人の意思が法律よりも優先する関係にあります。逆に、故人がその財産を後に残す者達にどう受け継がせたいかはっきりした意思を持っていても,遺言を残しておかない限りは、法定相続として法律に基づいた相続が行われてしまうので要注意です!

蛇足ですが、2時間ドラマで遺言を巡って親類縁者が骨肉の争いになることが多いのは、その遺言がしっかりと法律のルールに則って作成されていないためです。自分の死後,親類縁者を骨肉の争いにしないために、法律のルールに則った遺言をしっかり作っておくのが賢明です。

次の項は、「では,遺言を残すにはどのような方法があるのか。」という話です。

2.遺言の種類

遺言には、自筆証書遺言、公正証書遺言、及び秘密証書遺言の3種類があります。これら3種類の遺言はそれぞれの場面によって使い分けがなされています。

この中で一番簡単なのは,「自筆証書遺言」です。自筆という言葉のとおり、故人が遺言として必要な事項を書けば足ります。ただ、自筆証書遺言で多いのは、法律が規定している遺言の要件を欠き,遺言が無効となるケースです。紙とペンさえあれば自分一人で簡単にできてしまう遺言ですが、逆に人の目を経ないだけに遺言をするために必要な要件をミスで抜かす可能性があります。このような欠点を補うために、遺言に精通している人に自筆証書遺言を見てもらうというのも一つの手です。銀行員、司法書士及び弁護士などなど、遺言に詳しい人はまわりに結構いるものです。

ただし、確実さを考えると、自筆証書遺言より適した形式があります。次の項は、「では、確実に有効といえる遺言を残すにはどうすればよいか。」という話です。

公正証書遺言作成の流れはこちら